分骨とは?ミニ骨壷で納骨するという方法

手元供養とは、最愛の方の遺骨やその加工品を身近に置くことで、
故人を偲び、故人との絆を再確認することのできる自由で新しい形の供養の方法です。

分骨とは?手元供養の方法
分骨をすることは法律上なんら問題ありません。正式な手続きを経て火葬を済ませた焼骨は、故人や遺族の意志により自宅で保管できます。
分骨タイプの手元供養品は、骨壷にかえてオブジェに納めるとお考えください。
手元に置かない分の遺骨は通常のお寺での納骨のほか、本山納骨・合祀永代供養墓・樹木葬・海洋散骨などの方法で供養・納骨することができます。